外壁塗装の必要性

屋根や住宅の外壁塗装の必要性について書いています。

外壁塗装 必要性

 

この記事では、外壁塗装の必要性について解説していきます。

 

よくYahoo!知恵袋などを見ていると「外壁塗装は本当に必要ですか?」などの質問を見かけます。

 

結論から言いますと外壁塗装を軽視してしまうと、後々家の補修で外壁塗装以上の費用を支払わなくてはならなくなり、大きな損害へと繋がる可能性があります。

 

外壁塗装の必要性について具体的に見ていきましょう。

 

具体的な外壁塗装の必要性は?

 

外壁塗装の具体的な必要性ですが、外壁塗装は何も外観を綺麗にするだけが目的ではありません。

真の目的は以下のような要因から家を守ることです。

・雨、雪、湿気

・紫外線、太陽熱

・ヒビ、ゆがみ

・サビ

・シミ、カビ、コケ

 

中でも外壁塗装が重視しているのが雨や湿気などの水分から家を守る防水機能です。

水分は家にとって一番の敵になります。

家の重要な構造部分は全て木材と金属でできていますが、水分はこれら全ての劣化スピードを急速に早める大変恐ろしいものです。

 

この天敵である水分や湿気から家を守っている部分は屋根や外壁の塗膜になります。

この塗膜が経年劣化によりだんだんと剥げたり取れたりして、家にとって一番好ましくない水分を通してしまうようになるんです。

 

では、塗膜の防水機能が低下するとどのように劣化をしていくのでしょうか。

外壁塗装の防水機能が低下していくと?

塗りたてから数年間はしっかりと防水

塗りたてから数年間はしっかりと塗ってあれば、簡単に水分を通すことはまずありません。

家の大事な木造や鉄筋を水分から守ってくれるだけでなく、紫外線や汚れからもしっかりプロテクトしてくれます。

また見栄えも艶があり美しいです。

艶が無くなってくる

劣化の一番最初のサインとしては、この艶がなくなってくる現象です。

年が経つにつれて高級感のあった外壁や屋根がくすんだような色になってきますが、同時に防水機能もかなり低下してきているサインになります。

防水機能を失い、壁が湿るようになる

大部分の防水機能を失い、壁が水をはじく力を無くします。

そのため湿気や雨水などが徐々に浸透してくるようになります。

藻や苔が生えてくる

湿気を帯びた壁には藻や苔が生えるようになります。

またカビなどの原因にもなりますが、この時点ですでに防水機能は皆無に等しいです。

小さなヒビや家のゆがみが発生

水分を含んだ壁が乾くことで壁の形が変形してきます。

段々と壁に細かいひび割れ(ヘアークラック)が発生するようになります。

ヒビの裂け目が大きくなってくる

湿気を帯びる→乾くを繰り返していると、段々とひび割れが大きくなっていき、またコーキングも避けるようになってきます。

これでさらに水分が壁の中にダイレクトに浸透しやすくなります。

壁内部の防水シートに水分が到達

そしてついには壁の内部にある防水シートに水分が到達してしまいます。

この防水シートはもちろん水分をそれ以上進めないためにあるのですが、いわば最後の砦です。

この防水シートが水分にさらされて劣化して穴が開き、またもともとあった隙間からも水分がさらに内部に侵入していきます。

外壁内部から急速に劣化

ついに最終地点まで到達した水分は、内部の木造や鉄筋、そしてコンクリートの劣化を急速に進めます。

このころになると異常なぐらい結露も発生するようになり、またその水分で木造は腐食し、シロアリの住処になります。

この時点では外壁塗装をしても手遅れの状態です。

外壁塗装の必要性を無視してしまったことによる費用

 

ここおからは、外壁塗装の必要性を感じつつもそのまま放置してしまったことによる費用の事例を見ていきましょう。

 

雨漏り補修(70~200万円)

 

屋根補修工事(50~150万円)

 

断熱材の補修(50~200万円)

 

基礎補修(60~150万円)

 

シロアリ駆除(10~30万円)

 

解体工事(150~300万円)

 

新築+仮住まいの費用(最低1600万円~)

 

外壁塗装のタイミングは?

 

外壁塗装業者の選び方は?

公開日: